ごろ寝の体操で引き締め

ごろ寝の体操で引き締め

ごろ寝体操でたるみが気になる部分を引き締め、効果的なダイエットができると注目されているようです。ごろ寝体操によって股関節や骨盤の開きや歪みを矯正することで、血流が改善しダイエットをしやすい体質になります。

 

ごろ寝体操を行うと、食欲が自然におさまって痩せやすくなります。胃や内臓の位置を整えるための筋肉が強化されることが理由です。1日2回、起床時と就寝時に行うことで無理なく自然に痩せることができます。

 

体脂肪の燃焼と、筋肉増強を同時並行で行うために、健康や美容にいいダイエットをすることができるでしょう。ダイエットに限らず、肩こりや頭痛、腰痛などにも効果があり、体調が良くなるのもメリットです。

 

引き締め効果を得るには、朝と晩に2セット行うという習慣をつけることです。ごろ寝体操の方法はとてもシンプルです。まずあお向けに寝て、足を肩幅まで開いた状態で右足を10p持ち上げます。

 

30p開いて右の足首を開きます。そのまま1秒、姿勢を保持してください。右と左で、それぞれ7回ずつ行います。足首は自分の方向にしっかりそらせます。もうひとつは足上げ体操です。

 

仰向けに寝て足を肩幅に開き、右足を斜め上にできるだけ高く上げ1秒止めます。大事なことは、足を思い切り高くすることです。どんな人でも気軽に取り組むことのできる、ごろ寝体操で全身を引き締め健康的なダイエットをしましょう。